女性の足臭依存患者のカルテ

女性の足臭依存患者のカルテ

コミュニティサイトを使って、会社で働いている女性を探す理由は足のニオイが強いからです。

 

自宅で普段、裸足で過ごしている女性と夕方待ち合わせをしてもほとんど臭わない事が多いです。

 

自宅から、待ち合わせ場所までで、それ程ニオイが強くならないからです。

 

一方会社で働いている女性は、社内でサンダルに履き替えるにしても、ニオイは期待できます。さらに、外回りの営業レディ、立ち仕事の接客業の女性なら、余程の事が無い限り、ニオイへの期待は裏切りません。

 

「におい」というのは主観的な要素が多いです。においって「匂い」と「臭い」の2種類あるそうです。

 

普通は足の臭いと使用する場合が多いと思います。

 

当サイトの場合は女性特にお気に入りの女性の場合は不快どころか快楽でもあるので「匂い」と変換しています。

 

女の人なら誰でも良いというわけではなく、やはり美しい女性の足の匂いというのは無性に嗅いでみたくなるのです。

 

女性に限らず人間大体足の匂いというのはそれ程違いがあるわけではないのです。

 

しかし、美女の足が例えオヤジと同じ香りであったとしても、良い香りに思えてしまうことでしょう。

 

会社帰りのOLさんに「男の人に足のニオイを嗅がせるのは恥ずかしくないですか」と訊ねたことがあります。

 

会社の同僚とか彼氏に蒸れた足のニオイを嗅がれたら嫌だけれど、こういうフェチの男に嗅がれるのは嬉しい。

 

普通の男は女の子の足が臭いのは嫌がるから。

 

だそうです。

女性の足臭依存患者のカルテ記事一覧

足の匂いフェチって全然恥ずかしい事ではないと思いますよ。綺麗な女性の足や匂いが好きなら前世の因縁か何かでそうした性癖が「発症」しているのかもしれません。そうだとしたら、この世で思いっきりやりたいことは楽しみましょう。もっとも足フェチ以外の事も言えることなのですが・・・。嬉しいことに女性の足が大好きな方は結構多いみたいです。見るだけで満足な方がいる一方、足の指を舐めたり、マッサージしたり、踏まれたり...

匂いの記憶は強烈です。女性の足の匂いを嗅ぐと「あっ、この匂いどこかで嗅いだことがある」と感じます。匂いの記憶これだけ忘れることが出来ないのなら何か理由があるのではということをネットで調べてみたらやはりありました。嗅覚にはなんと1000種類のアンテナがあるそうです。(http://www.s.u-tokyo.ac.jp/ja/press/2006/13.html参照)しかも大脳辺縁系(古い脳)で臭覚...

会社の同僚と掘りごたつのある個室居酒屋に行ったとき、ふとしたはずみで、気になる女の子と足が触れ合った経験があります。自分の足に鼻が付いていたらニオイを嗅げたのにと思うと同時に、掘りごたつは色々な女の人の足のニオイに触れることができて羨ましい限りです。炬燵(こたつ)と言えば冬の代名詞。脱臭機能が付いたこたつも販売されているようです。一方掘りごたつと言えば、居酒屋で良く見かけます。テーブルや床で飲食す...

実際にパートナーに足の匂いを嗅がせていただいています。しかしお互いの都合もあり、ひと月に限られた回数しかお会い出来ていません。気が向いた時に好きなだけお気に入り足の匂いを嗅ぐ事ができたらとても楽しいでしょう。その間はアダルト動画を見たり、インターネット上の画像を楽しんだりしたりしています。マッチングサイトならリクエストも自由フェチ系のお店では、ストッキングの持ち帰りはいくら、穿きっぱなしはいくらな...

ある出会いマッチングサイトの掲示板に「レンタルルームで会社帰りの蒸れた足の匂いを嗅いでみたいです。気になる方はお返事ください」と書き込んだことがあります。しばらくして、「譲るだけならどうですか?」とう返事が20代の女の子から届きました。「なんだ、譲るだけか・・・要するに会うのが不安なんだ。」と思いましたが、やはりいきなり会って足の匂いを嗅がせ続けるのは女の子にとっては心配なのです。しかし、この返事...

フェチ系プレイをする場合、自分で女性を探さずに済む方法としては、SMクラブやフェチ専門の店が一般的に利用されています。ある時デリヘルのホームページを見ていたら、気になる女の子が在籍されている事に気が付きました。オプションには聖水プレイもあるとのことで、お店にフェチプレイは可能か訊ねてみました。答えは「そのようなプレイは行っていない」という返事でがっかりしました。同じく長身女性が多く在籍している有名...

せっかく匂いを楽しみにしていたのに、実際につま先に鼻を付けてクンクンしたのに、無臭だったときの悲しみは忘れることはできません。特に自分でメッセージのやり取りを行って、何週間も前から会う約束をして、ようやく会えた女の子の足が匂わなかったら、フルマラソンを走りきってゴールだと思った地点が、実は中間地点だったような感じに例えると分かりやすいです。そのようなガッカリを少しでも避ける方法を考えてみます。足の...

「あーあ毎日でもきれいな女の子の足の匂いを嗅ぎたいのに、気が付いたら半年も匂いを嗅げていない・・・」女の子の足の匂いが生きる原動力になっている足の匂いフェチの方は、そんな板ばさみに苦しんでいるかもしれません。そこに今日も女の子の足の匂いが存在するのに、指をくわえているだけならもったいないです。お金の問題物の値段は上がるのに、お給料が増えないなら、生活は苦しくなるばかり。「とても毎週女の子の足の匂い...

page top