匂いの記憶

匂いの記憶と依存症の関係

匂いの記憶は強烈です。女性の足の匂いを嗅ぐと「あっ、この匂いどこかで嗅いだことがある」と感じます。

 

匂いの記憶

 

これだけ忘れることが出来ないのなら何か理由があるのではということをネットで調べてみたらやはりありました。

 

嗅覚にはなんと1000種類のアンテナがあるそうです。(http://www.s.u-tokyo.ac.jp/ja/press/2006/13.html参照)

 

しかも大脳辺縁系(古い脳)で臭覚というのは処理されるそうです。

 

大脳辺縁系というのは感情を司り、一般に大脳の快楽中枢として知られている部位でもあるそうです。

 

五感のうち臭覚だけは他のものと異なるようです。

 

このような事から以前女性に足の匂いを嗅がされたことがあるのなら、別の女性に足の匂いを嗅がされた特に以前の女性のことを思い起こしてしまうのでしょう。

 

人間なら足の匂いというのは大体似ていますから。

 

女性の足の匂いとしては

  1. 好きな女性の強い匂い
  2. 好きな女性の弱い匂い
  3. 苦手な女性の弱い匂い
  4. 苦手な女性の強い匂い

の4種類あるとします。

好きな女性の強い匂い
好きな女性の強い匂いを嗅ぐと仕事をしていてもその時の情景と記憶が頭から離れなくなることが多いです。

 

好きな女性の弱い匂い
好きな女性の足の匂いが弱かったりしたら、強い匂いを求めて次の待ち合わせが早く来ないかなと思ってしまいます。

 

苦手な女性の弱い匂い
苦手な女性の弱い匂いをもし嗅がされたなら、特に何も思わないでしょう。

 

苦手な女性の強い匂い
苦手な女性の強い足の匂いを半ば強制的に嗅がされたなら、それはそれで強烈な印象が記憶に残ってしまうことでしょう。

 

足臭依存症が治るかに関しては良くわからないです。

 

「好きな女性が何度嗅いでも匂わなかったり」「何日間も同じストッキングを穿いていた時の足の匂いを嗅がされた時の衝撃」にどう反応するかによってだと思います。

 

足フェチ系の動画を見たり出会い系サイトやフェチクラブで女性の足の匂いを嗅いだりという行為は治療ではなく、更なる中毒症状へのプロセスなのでしょうか。

直接匂いを嗅ぐvsストッキングなどを譲ってもらう

女性の足の匂いを堪能する方法は大きく2つに分ける事ができます。一つは蒸れた足の匂いを直接嗅ぐ事。二つ目は、蒸れた状態のストッキングやタイツなどを譲ってもらう事です。

直接匂いを嗅ぐ

蒸れた状態の足の匂いを嗅ぐのは、ニオイフェチの男性の理想ではあります。ただし、女性側のハードルは高く相手を探すのは苦労します。

 

男性のメリットは

  • 本人の匂いの確実性がある
  • 温もりを感じられる
  • 人通りの多いところで待ち合わせが出来る

 

女性のメリットは
人通りの多いところで待ち合わせが出来る

 

一方男性のデメリットは

  • ルーム代金などが余計にかかる
  • 時間がかかる
  • また匂いを嗅ぎたくなる
  • 待ち合わせが不安
  • リスクがある

 

女性のデメリットは

  • 嗅がせている間が退屈
  • 最初の待ち合わせが不安
  • 時間がかかる

直接女の子の足の匂いを嗅ぐのは理想的な反面、リスクも伴います。いきなり女性の知り合いが入ってくるなど注意する点はあります。

 

一方、足の匂いを直接嗅ぐのは女の子にとってあまり、メリットがありません。直接匂いを嗅ぎたいなら、いかに多くのメリットを伝える事が出来るかがポイントです。

ストッキングなどを譲ってもらう

蒸れた状態のストッキングやタイツを譲ってもらう方法でも匂い自体は嗅ぐ事は可能です。生暖かく湿っている状態とは異なり、乾いた状態になると、匂いも微妙に違ってきます。

 

男性のメリットは

  • ルーム代などを節約できる
  • 匂いがなくなるまで楽しめる
  • ゆっくり楽しめる

 

女性のメリットは

  • 短時間で済む
  • 男性と一緒に居なくて済む

 

一方男性のデメリットは

  • 匂いを維持させる工夫がいる
  • 家族にストッキングが見つかる心配がある
  • いつか匂いが消えてしまう
  • 他人のものを渡される可能性もある

 

女性のデメリットは

  • 一度渡すと男性からしばらく連絡が来ない可能性も
  • 生脱ぎならストッキングを穿きかえる必要がある

生脱ぎ直接渡しなら、お互い時間の節約につながります。問題は一度受け渡しをしてしまうと、次のアポイントまで間が空いてしまう事です。

 

ニオイフェチの男性で多くのストッキングの山にうずもれたいなら、毎日待ち合わせをして譲ってもらいたいはずです。面倒なら1週間分をまとめて譲ってもらう方法もあります。

 

しかし、大量の使用済みストッキングが必要ないなら、少なくとも匂いが残っている状態のものがあるなら、再び約束を取り付ける必要性は少ないのです。

 

第一希望が直接嗅ぐ事だとしても、第二希望に使用済みストッキングを譲ってもらう選択肢を残しておくと、アポイントの成功確率は断然高くなります。

 

直接会ってくれる相手を求めていて、失敗続きの方も可能なら発想を切り替えてみると良いでしょう。