足の匂いオンリー3つのメリット

女性も嬉しい 足の匂いオンリー3つのメリット

フェチ系プレイをする場合、自分で女性を探さずに済む方法としては、SMクラブやフェチ専門の店が一般的に利用されています。

 

ある時デリヘルのホームページを見ていたら、気になる女の子が在籍されている事に気が付きました。

 

オプションには聖水プレイもあるとのことで、お店にフェチプレイは可能か訊ねてみました。

 

答えは「そのようなプレイは行っていない」という返事でがっかりしました。

 

同じく長身女性が多く在籍している有名店に訊いてみても同じような返事でした。

 

さすがにフェチ的願望を満たすために一般的な風俗店を利用するのはNGのようです。

 

それ以来、自分自身でパートナーを探すか、フェチ系の店舗でプレイを行うようになりました。

 

会社帰りのOLさんの蒸れた足のニオイだけ嗅いでみたいなら、割と簡単です。他のプレイと比べたメリットなどを考えてみます。

 

リーズナブルなルーム代でプレイが可能

 

フェチクラブでプレイするにも自分で女性を探すにも必要なのがプレイルームです。

 

出来るだけ低価格で満足度の高いスペースで足のニオイを嗅ぎたいならレンタルルームが最適です。

 

SMプレイなどではラブホテルが使われるのが多いです。

 

ある程度の広さが確保されていないと鞭を打ったり、ハードなプレイを行なったりするのに支障があるためです。

 

部屋が狭くて楽しめなかったら元も子も有りません。そもそもSMクラブでレンタルルームNGの事もあります。

 

それに対して足の匂いだけ楽しむなら部屋の広さは関係ありません。レンタルルームやプチホテルと呼ばれる施設で十分です。

 

ビジネスホテルやラブホテルは休憩料金が3000円台から5000円台の事が多いです。

 

しかも休憩プランは2時間から3時間なので足の匂いを1時間だけ嗅ぐので十分な方は1時間~2時間分の利用料金が無駄になってしまいます。

 

その点レンタルルームなら30分コースや60分コースが設置されていて1000円台の利用料金の事も多いです。

 

ルーム代を抑えた分、フェチクラブだったらストッキング持ち帰りのオプションを付けたり、自分で探す場合には女の子にプレゼントを渡したりすると喜ばれるかもしれません。

 

短時間でOK

 

会社帰りのOLさんは翌日に備えて出来るだけ早く帰宅したいもの。

 

匂いを嗅ぐ男性にとっても翌日仕事の方は長時間のプレイは気が進まないかもしれません。

 

そのような時は短時間のプレイでも満足できる足のニオイフェチは有利です。

 

30分などの短時間利用も可能なレンタルルームと組み合わせれば、複数の女の子とのプレイも簡単に出来てしまうかもしれません。

 

マッチングサイトでの反応が良い

 

フェチといっても分野は広く、スカトロや体液フェチなどもあります。いわゆる汚い系のプレイです。

 

男性が当たり前に思われる事もそのような性癖がある事さえ知らない女の子にとっては異次元の世界。

 

自分の体から出るものを受け入れる男に拒否反応を示す事も考えられます。

 

全くノーマルな女性とマッチングサイトで知り合ってから性癖を打ち明けてもドン引きされるだけです。

 

その点足のニオイを嗅ぐだけなら、受け入れられやすいです。

 

理由としては男との接点が足裏のみ、部屋が汚れない、自分の足のニオイを普段から嗅ぎなれているという事もあるかもしれません。

 

この様な理由から定番と言われている大手マッチングサイトでの女の子の反応は上々なのです。

 

足のニオイだと普通に女の子と知り合ってから、「実は足のニオイが・・・」と打ち明けても受け入れられる確率は高そうです。