足の匂いフェチは恵まれている

女の子に蒸れたストッキングを譲ってもらうだけなら場所と時間は不要 

ある出会いマッチングサイトの掲示板に

 

「レンタルルームで会社帰りの蒸れた足の匂いを嗅いでみたいです。気になる方はお返事ください」

 

と書き込んだことがあります。

 

しばらくして、


「譲るだけならどうですか?」

とう返事が20代の女の子から届きました。

 

「なんだ、譲るだけか・・・要するに会うのが不安なんだ。」

と思いましたが、やはりいきなり会って足の匂いを嗅がせ続けるのは女の子にとっては心配なのです。

 

しかし、この返事のおかげで

  • 足の匂いを嗅ぐだけだったら、ストッキングの匂いを嗅いでも一緒
  • 足の匂いフェチはルーム代も時間も節約できる

という事に気が付き、目からウロコが落ちました。

 

もちろん、この女の子に返事をして、会社帰りの匂い付きストッキングをゲットしてしまいました。

場所と時間が必要な趣向は多い

世の中には多くのフェチがあります。フェチとは嗜好のことで、足の匂いが好きなら、女の子の唾の匂いを嗅いだりするのも好きかもしれません。

 

さらにエスカレートすると女の子の体液全般を求めてしまうことも。

 

本格的なSMプレイを希望するなら、鞭で打ってくれるパートナーを探す事になります。

 

足の匂いを嗅ぎたくなった時に利用する大手出会いマッチングサイトで、パートナーを募集すると、「ストッキングを譲るのだったらOK」という女の子の返事を貰う事があります。

 

その時「ハッ」と思ったのは、足の匂いを嗅ぐだけだったら、わざわざ女の子とホテルに入ったり、レンタルルームを借りたりする必要がないということです。

 

これが鞭なら、そうは行きません。特に一本鞭ならある程度の広さのルームを確保しなければなりません。

 

そもそも、一本鞭を器用に扱うにはある程度慣れていないと、難しいようです。

 

唾なら可能性は有りそうですが、ただでさえ雑菌が多いので新鮮な状態ではないと、望んでいたモノと程遠い状態になってしまう事も考えられます。

 

足の匂いフェチと似たものに、踏まれフェチや金蹴りフェチもあります。

 

この二つも「場所」が無いと出来ません。

場所と時間は無くてもOK

これらに対して、足の匂いなら場所は有っても無くても大丈夫です。

 

レンタルルームでプレイする

 

まず場所を確保するのは、必要最小限度で十分。広い必要がないので、今流行りのレンタルルームで十分です。

 

ホテルを休憩で確保すると2~3時間で5000円位。レンタルルームなら、1時間で2000円台の所も少なくありません。

 

どんなに足の匂いを嗅ぐのが好きな男性でも1時間も嗅ぎ続けていたら、十分なはず。もしくは、おしゃべり20分、プレイ40分など自由にアレンジも出来てしまいます。

 

ホテルは1時間で退出しても、お金は返ってきません。しっかり通常の2~3時間分の料金がかかってしまうのです。

 

使用済みストッキングの受け渡し

 

ホテル代はもちろん、レンタルルーム代も浮かすなら、使用済みの匂い付きストッキングの受け渡しでも十分です。

 

節約できるのは、ルーム代金だけでなく、時間も節約できます。ストッキングさえ入手してしまえば、嗅ぐ場所は自宅で十分。部屋代はかかりません。

 

時間も寝る前などを利用すれば、忙しい方でも簡単に欲求を解消できます。

受け渡し場所

足の匂いは不思議なことに、ストッキングが湿っている状態よりも、乾いた時の方が匂いは強いです。もしかしたら熟成されているのかもしれません。

 

出会いマッチングサイトで使用済みストッキングを譲ってもらえる女の子を見つけたら、次は受け渡し場所です。

 

自宅はさすがに不安なので、郵便局留めを利用するは考えられます。郵便局留が利用できる郵便局が近くにあるなら、便利なシステムです。

 

最もオーソドックスなのは、駅などで女の子と待ち合わせて現物を確認しながら譲ってもらう方法です。

 

ストッキングは駅などのトイレを利用して脱いでもらえば、ホカホカの匂い付きパンストを入手できます。

 

一方、あらかじめ伝線した匂い付きストッキングが有ったら連絡してほしいと伝えておけば、短時間で受け渡しも完了します。

 

用意してもらう際は、匂いが無くならないように、密封可能なポリ袋を購入して、入れてもらえば完璧です。

 

もちろん女の子は無料では譲ってくれません。まずストッキング代や密封可能なポリ袋代がかかります。

 

待ち合わせ場所までの交通費、会社や自宅から待ち合わせ場所に行くまでにかかった時間などを考えて、このあたりは女の子と相談しておく必要があります。

問題は本人のものか

受け渡し場所以上に気になるのが本人のストッキングのものかです。特に気にならないなら、手渡しではなくても大丈夫かもしれません。

 

ただし本人のモノにこだわるなら、一工夫必要です。

 

近くのトイレでストッキングを穿きかえてもらうなら、女の子が穿いている色や柄を覚えておく必要があります。

 

それでも、他人のストッキングの可能性はゼロではありません。このあたりは信頼関係が大切になってくるので、メールのやりとりで不安を感じたら、会わないことです。

 

最初の受け渡しで問題なければ、続けて2足目、3足目を用意してもらえるかもしれません。

 

その際は、受け渡しの時に次のストッキングをあなたが購入して渡しておけば、確実性が高まります。ただし、店頭で女性用ストッキングを購入するのは少しの勇気が必要です。

ここまでをまとめてみます。

 

レンタルルームを利用する方

 

女の子を出会いマッチングサイトなどで探す
 レンタルルームでOKかと、条件を話し合っておきます。

 

利用可能な出会いマッチングサイト

 

待ち合わせ日時を決める
 お互い都合の良い時間帯を選びます。女の子の希望を優先してあげると喜ばれます。

 

待ち合わせ
 女の子が安心できる人通りが多い所を選びます。

 

レンタルルームへ移動
 近くのレンタルルームなどに移動します。事前にレンタルルームは調べておきます。

 

匂いを楽しむ
 匂いを堪能します。

 

出会いマッチングサイトデジカフェとウラデジ

 

その場で受け渡しの場合

 

女の子を出会いマッチングサイトなどで探す
 その場で脱いでもらうか捨てようとしていたモノを用意してもらうかは事前に打ち合わせます。もちろん条件も話し合っておきます。

 

利用可能な出会いマッチングサイト

 

待ち合わせ日時を決める
 お互い都合の良い時間帯を選びます。女の子の希望を優先してあげると喜ばれます。

 

待ち合わせ
 女の子が安心できる人通りが多い所を選びます。

 

受け渡し
 近くのトイレで脱いでもらったストッキングか家から持ってきてもらったストッキングを譲ってもらいます。

 

2足目以降を希望されるかたで本人のものである確実性を求めるなら、事前に次のストッキングを用意しておく方法も考えられます。

 

匂いを楽しむ
 自宅でゆっくり足の匂いを堪能できるのが受け渡しのメリット。手渡しなら、女の子の顔をイメージして楽しむ事ができます。

 

いずれにしても、足の匂いフェチ男性に共通する目標は「好みの女の子の蒸れた足の匂い」。

 

ゴミ箱に捨てられてしまう運命のストッキングを一つでも多く救ってあげてください。

 

出会いマッチングサイトPCMAXの使い方