イククルはフェチの出会いも対応

ヒミツ掲示板に10のジャンルがあるイククルならフェチの出会いも対応

イククルは2022年4月の時点で会員数1500万人を突破している、有名なマッチングサイトなのですでに使っていらっしゃる方もいるかもしれません。

 

以前はイクヨクルヨや194964と呼ばれていた時もありましたが、今のところイククルで統一されているようです。

 

イククルは足の匂いフェチなど、マニアックな利用も可能なのは、ピュア掲示板とは別にヒミツ掲示板があることでわかります。

 

ヒミツ掲示板の中身を見ると、すぐ会いたいやまずは食事から、既婚者希望などがあるほか、アブノーマルジャンルもあるので一安心です。

 

足の匂いフェチの方で、いきなりプレイを希望するなら、すぐ会いたいやアブノーマルのジャンルが良いですが、様子を見ながらプレイのチャンスをうかがうなら、まずは食事からの掲示板を利用する手もあります。

マッチングアプリなら出会いをカスタマイズできる

足フェチの方が実際にプレイをするのなら、いつ、どこで、誰と、どの位の時間プレイするかが気になるかもしれません。

 

「いつ」に関しては、プレイしたいと思ったときにプレイできるのが理想です。自分の場合は、仕事などあまり乗り気ではない用事が入っているときに、そのバーターとして足フェチプレイをしたくなります。

 

「どこで」に関しては、足の匂いを嗅ぐ位なら、わざわざホテルを利用する必要もないので、カラオケボックスやレンタルルームを利用することが多いです。

 

特に、短時間で満足できる足フェチプレイに関しては、それらを利用することが多いです。人に見られても言い訳できるのなら、カラオケボックス、絶対に他人に見られたくないのなら、レンタルルームと使い分けるのが良いかもしれません。

 

「誰と」に関しては、もっとも大切な要素になってきます。いくら足の匂いが嗅ぎたいといっても、タイプでない女性が現れたら困ってしまいますよね。

 

その点間違いないのが、フェチ系のお店になりますが、誰が来るのがワクワクしながら、待ち合わせできるのがマッチングアプリになります。

 

「どの位の時間プレイするか」は、実際に行うプレイによって異なりますし、複数のプレイを行うのなら、ある程度時間に余裕を持たせることが必要になります。

 

足の匂いを嗅ぐだけが目的なら、30分でも十分満足できますし、靴で踏まれたり、フードクラッシュも絡めたいのなら、30分では足りなくなってしまうかもしれません。

 

このように、マッチングアプリで相手を探すとなると、いろいろな要素が関係してくるので、あなたの趣向に合わせて使い分けると良いでしょう。

イククルの魅力は豊富なコンテンツ

コンテンツとはサイトにある文章や画像など、サイトの中身のことを言います。イククルには他のマッチングサイトを利用する時にも役立つ体験Walker、実際に出会った人の声が掲載されている出会い体験談、疑問や質問をイククルの会員で解決していく解決なびなどのコンテンツが充実しています。

 

それでは各項目をもう少し解説していきます。

体験Walkerで出会いのコツがわかる

真剣に出会いを求めているのであれば、イククル体験Walkerを見ておくのと見ないのとでは大違いです。体験Walkerは初級編、中級編、上級編、番外編の4段構成になっています。

 

まったくマッチングサイトを利用した経験がないのなら、初級編からじっくり読み込んでいきましょう。

 

掲示板に書いてもなかなか良い返事をもらえないなら中級編がヒントになるかもしれません。

 

イククルをトコトン使いこなしたいのなら上級編が役に立ちます。番外編は「理想の異性に出会いたい」や「人気の会員が知りたい」の二つを読んでおきたいです。

出会い体験談で出会いの実感が湧いてくる

他の会員がどのようにして会っているかがわかるのが、出会い体験談のコンテンツになります。合計3000件近く投稿されているのですが、体験談は男女の投稿が一緒になっているので少し読むのが大変かもしれません。

 

イククルで知り合って結婚した方の投稿も少なくないので、足の匂いフェチでの出会いは逆風に感じられるかもしれません。しかし、掲載されている体験談はごく一部と考えるようにしています。

解決なびで悩みを解消

一人で悩んでいても一向に解決しない疑問をイククルの会員が力を合わせて解決のヒントを掲載してくれるのが「解決なび」です。

 

解決なびへの質問や回答は匿名でもOK、質問した人は回答してくれた人の中からベストアンサーを選べるのは、有名質問サイトと一緒です。

 

質問や疑問への回答は無料で、ベストアンサーに選ばれるとプレゼントがもらえます。

 

カテゴリは5つに分かれていて、足フェチなどのアダルトな内容はその他で大丈夫のようです。

 

解決なびは回答数の多い順や見た人が多い順に表示し直すことが出来るので、注目されている質問や疑問からチェックしていきたいなら、並べ替えると見やすくなります。

男性が無料でできることは実は多い

男女とも登録は完全無料、利用に関しては男性がポイント制で有料、女性は基本的に無料で利用できるのですが、女性同士のやりとりと投稿動画・画像閲覧のサービスを利用する時にポイントが必要になります。

 

男性の方が登録時に受け取れる無料お試しポイントは、最大で80ポイントです。一方、女性の方は新規登録で50ポイントのプレゼントがあります。

 

完全前払い制なので、後から料金を請求されることもないので安心です。

 

イククルはポイント制のマッチングサイトでありながら、無料で楽しめるコンテンツは多いです。

  • 書き込みの一覧を見る
  • プロフィールを見る
  • 返事を読む
  • 掲示板に書く(各ジャンル1日1回かぎり)
  • 日記を書く・読む・コメントを書く
  • マイページのアバターを作成
  • マイページのプロフ画像登録
  • 画像を投稿する&コメントを書く
  • 投稿動画にコメントを書く

これらが無料で利用できるのは大きいですよね。しかもポイントの消費といっても、メールを送ったり、投稿動画を見たりする時、そして掲示板を最新に掲載するのに必要なのは5ポイントで、それ以外は1ポイント~3ポイントと良心的なポイント体系になっているので、初回の無料お試しポイントだけでも、かなり遊べます。

 

例えば80ポイントあれば、16回もメールを送れるので、運が良ければお試しポイントで相手が見つかる可能性も高いです。

 

もし、ポイントを購入する時は、ポイント2倍キャンペーンなどが行われている時期がお得です。

機能要望でこんな機能があったらを伝えられる

イククルは利用者の声をサイト作りに活かしていて、改善を希望する点があったら、「機能の要望を送る」から連絡できます。

 

こんな機能があったらいいなとか、ここを改善してほしいなどがあったら、サイト上から手軽に改善要望を届けることが出来るようになっています。

 

もし、イククルをメインサイトとして使い続けるのであれば、機能要望であなたの意見を送ってみると良いでしょう。

 

イククルはヒミツ掲示板があったり、アダルト投稿ができたり、足フェチの方でも活用できる環境が整っています。

 

なかなか恥ずかしくて、掲示板に書き込めないのなら、タイプやスマイル、あしあとなどを残していくと、ふとしたきっかけで出会いのチャンスが生まれるかもしれません。

電話に誘えるイククルなら会う前に相手の気持ちを確かめられる

文章なら「あなたのこと好きです」と誰が書いてもその裏にある気持ちを推測するのはむずかしいですよね。本当に好きなのか、なんらかの意図があるかは、文脈で判断していくしかありません。

 

人によっては、顔文字などを使って気持ちを表していくかもしれませんが、それさえも本当なのか確認しようがないのです。

 

一方、音声なら良くも悪くも、相手に感情を伝えてしまうのです。

 

マッチングサイトで文字によるコミュニケーションがある程度とれるようになって、実際に会ってみようと思ったら、その前に音声通話をしてみると、ミスマッチを減らせる可能性は高いです。

 

イククルには、相手を電話に誘える機能が用意されているので、文字でのやりとりで相手を絞り込んで、気になる相手と電話で話してみるとお互い安心できます。

イククルでの出会い体験

イククルを利用して実際に素人の女性に会ってきました。

 

都内にあまり気の進まない用事があったので、それのバーターとして、軽めの足フェチプレイをしたいなと思ったので、イククルを利用してプレイできる相手を探すことに。

 

ダメ元で、さまざまな種類の掲示板に書き込んだところ、「すぐ会いたい」に書き込んだ内容に興味を持ってくれた、20代の女性から返事が来たのです。

 

ちなみに、イククルもほかのマッチングアプリと同じで、一日1回まで無料で掲示板に書き込めます。

 

イククルではどれ位の女性が、書込みを見てくれたか、返事をくれたかも、数字で分かるシステムになっているので、掲示板による反応率の違いも分かります。

 

自分の書込みでは、「すぐ会いたい」に対する女の子の反応率が高かったようです。

 

返事を頂いた女性でまずチェックしたのが、プロフィール写真です。イククルではプロフィール写真の閲覧にはポイントが必要なので、何度も見ることは避けたいものです。

 

その後、一通りプロフィールをチェックしてみて、業者でないことはなんとなく確認できたので、メッセージを交換することに決めました。

 

イククルでは、LINEのようなチャット形式で話しが進んでいくので、まだイククルを利用したことがない方でも、普段LINEを利用しているのなら、利用しやすいはずです。

 

もちろん、既読のマークも付くので、相手の女性がメッセージを読んでくれたのかも分かる仕組みとなっているのもありがたいですね。

 

メッセージでは交通費を出してくれれば、会ってくれるとのことでした。こちらが提示した条件を受け入れてくれたので、次は実際にいつ会えるかのやりとりになりました。

 

その女性の方も仕事をしていて、平日の夜なら会えるということでした。そこで、こちらが都内に行く日にちを指定したところ、大丈夫との返事を頂いたので、トントン拍子に話が進んでいったのです。

 

待ち合わせ場所は都内の駅の出口付近でした。

 

仕事の打ち合わせが無事終わり、待ち合わせ場所まで心躍らせて向かいました。予定していた待ち合わせ時間よりも大幅に早く着いたので、相手の女性に早めに来られるか確認したところ大丈夫との返事を頂きました。

 

最初ということで、免許証など身分を特定できるものや、スマホなどは全部駅のコインロッカーに入れたと思っていたら、なんと鉄道系の電子マネーや銀行のキャッシュカードなどが入ったパスケースがポケットに入っていることが分かりました。

 

すでにロッカーは閉めてしまったし、ロッカーの料金が400円もしたので、仕方なくお金とパスケースだけを持って、待ち合わせ場所に向かうことにしました。

 

ロッカーの料金が安かったら、もう一度パスケースも入れていたのですが、都内のロッカーの料金は高いですね。

 

スマホもロッカーに入れたことを女性に知らせればよかったのですが、あまりに警戒していることを伝えるのはどうかなと思い、なにも伝えなかったのは、のちのち、すこしまずいことになってしまいました。

 

女性には、自分がどのような服装で、どのような持ち物を持っているかも告げていませんでした。

 

それほど多くの人が待ち合わせるような駅ではなく、出入りする人も少なかったので、油断していたのかもしれません。

 

待ち合わせ時間を過ぎてもなかなか相手は現れませんでした。時間を確認するために時々駅に向かっていたので、その間に相手の女性が現れていた可能性もあります。

 

相手の雰囲気は、イククルのプロフィール写真を見ていたので、近づいてくれば話しかけようと思っていたのですが、それらしき雰囲気の女性は一向に現れませんでした。

 

時々女性が通りかかると「こんな人が相手なら良いのに」とか「この方だとちょっと苦手だな」とかいろいろ考えていたので、待ち合わせ時間が過ぎても、時間が長く感じなかったです。

 

さすがに40分近く待ち合わせ時間が過ぎたので、仕方なくロッカーに向かいました。その時は今日のプレイはなしになってしまったと落胆していました。

 

ロッカーでまっ先に確認したのは、もちろんスマホです。イククルのサイトにアクセスしてみると、なんと相手から5通くらい、メッセージが届いていた、少し怒り気味なのが文面でも分かりました。

 

それによると、相手の女性も時間通りに待ち合わせ場所に来ていたとの事で、すでに別の場所に移動していたことが判明しました。

 

せっかく縁があってお互い会うことになったので、なんとかお詫びして、これから待ち合わせることにしました。その時感じたのは、やっぱりスマホは、持っていくべきということでした。

 

今度はイククルのメッセージで、服装の特徴などを女性の方に伝えることが出来たので、すんなりと会うことができました。

 

相手の女性の雰囲気は、イククルのプロフィール写真とかなり違っていました。

 

今思うと、待ち合わせ時間の前後に、待っていた自分の前を通り過ぎたのを思い出しました。

 

相手の女性の方にはこっぴどく怒られてしまいましたが、それもプレイのうちと考えて、丁寧に頭を下げて謝りました。

 

なんとか事情を説明して、気持ちを取り直してくれたので、足フェチプレイをすることに。場所は近くにあるレンタルルームです。

 

一通り会話をしたあと、女性の足のニオイを嗅ぐことができました。

 

プレイの状況としては、自分が床に仰向けに寝転がっているところを、女性がストッキングのつま先部分を鼻に押し当てるので、プレイとしては、とてもソフトなものです。

 

仕事帰りとのことで、ニオイはしっかり付いていたのが嬉しかったです。

 

その後ヒールでの踏みつけもお願いすると、すんなりと受け入れてくれたので、ノリは良かったですね。

 

ヒールでの踏みつけは、ワイシャツを脱いで上半身裸の状態で行ってもらいました。

 

本当に素人なのかと思うほど、時々体重をかけて踏みつけてくれたおかげで、上半身にはヒールの跡が残ったり、肌が擦り切れたりしたのは嬉しかったです。

 

その後、Sかどうか聞いたところ、普段はMであることが分かりました。

 

自分としては、人を踏むということは、ある程度Sの気質がないと無理だと思っていたからです。

 

そのことを女性に聞いたところ、男性のリクエストに応えるのが好きとのことだったので、ある程度納得できました。

 

それでは、今回の反省点をあげてみます。

今回の反省点

  • 身分証はロッカーに入れてもスマホは持っておくべきだった
  • 服装などの特徴は事前に伝えたほうが良かった

初回ということで、身分証などはロッカーにしまっておき、ルーム代や交通費など必要最低限の現金のみ持っていったのまでは良かったのですが、キャッシュカードや電子マネーがポケットに入っているのが気付かなかったのは失敗でした。

 

スマホもできればロッカーに入れておきたかったのですが、そうすると相手と出会えなくなる可能性も多いです。

 

どうしても、スマホを持っていかないのなら、事前に服装の特徴や所持品などを伝えておくと良いです。

 

所持品に関しては、折りたたみの傘やメガネケースなど、万が一持っていかれても大丈夫なものがおすすめです。

マッチングアプリで相手を探す時のポイント

SMクラブの女王様など、S性を持っている方とマッチングアプリで会える可能性は低めです。

 

なのでハードなプレイを希望する方にとっては、マッチングアプリだと相手探しに苦労するかもしれません。

 

反対に、足のニオイを嗅がされたり、踏まれたりするくらいなら、イククルなどのマッチングアプリでも十分相手を探せます。

 

また、マッチングアプリなら、短時間のプレイに対応してくれる女性を見つけやすいです。

 

女性の立場からも、次の日に会社があるのなら、あまり長時間だと支障がありますし、ニオイフェチの方も30くらい足のニオイを嗅げれば十分ではないでしょうか。

 

今回はたまたま都内に行く用事があったので、もしプレイできる女性が見つかったら、ラッキーくらいに思っていたのも幸いしたのかもしれません。

 

あまり思いつめずに気楽な状態で、掲示板に書込みをすれば、相手にも余裕などが伝わって、会えるチャンスが広がる可能性はあります。

 

いろいろな出会い手段がありますが、イククルの掲示板で書き込んでみると、意外にプレイできる相手が見つかることが分かりました。

 

もし、ソフトなプレイや短時間のプレイを希望するのであれば、イククルはあなたの欲求を十分満たしてくれるはずです。

 

掲示板に書き込む際は、いろいろなジャンルに同時に書き込むと、女性の反応や男性の書込み頻度も分かるのでおすすめです。

 

page top