掘りごたつでの足フェチプレイ体験

掘りごたつでの足フェチプレイ体験 掘りごたつに寝そべって女の子の蒸れた足が下りてくる瞬間は最高

会社の同僚と掘りごたつのある個室居酒屋に行ったとき、ふとしたはずみで、気になる女の子と足が触れ合った経験があります。

 

自分の足に鼻が付いていたらニオイを嗅げたのにと思うと同時に、掘りごたつは色々な女の人の足のニオイに触れることができて羨ましい限りです。

 

炬燵(こたつ)と言えば冬の代名詞。脱臭機能が付いたこたつも販売されているようです。一方掘りごたつと言えば、居酒屋で良く見かけます。

 

テーブルや床で飲食するよりも、掘りごたつがあると長時間座っていても苦になりません。

 

果たして掘りごたつに仰向けに寝転がっている状態で、女の子の足のニオイを嗅げるのか考えました。
出会いが見つかる安心の老舗優良マッチングサイト PCMAX
PCMAXで巡り会えた、OLの女の子はすでに何度かプレイ済みだったので、今回は個室居酒屋の掘りごたつの中に入って足のニオイを堪能したいと伝えていつも通り、会社帰りの女の子と待ち合わせをしました。

 

お店は初めての場所でしたが、個室居酒屋で掘りごたつがあることは事前に確認済み。

 

万が一、体が入りきらなくても、女の子が飲食している状態で何とか足のニオイを楽しみたいと考えていました。

 

靴をロッカーに入れ、案内された居酒屋の個室は思いの外狭く、不安がよぎりました。

 

隣の部屋では会社帰りと思われるサラリーマンの声が聞こえる状態でした。

 

「これ体が入りきらないかも」とりあえず、普通に料理の注文をして、全ての料理と飲み物が運び込まれたのを見計らってから、掘りごたつへの潜入を試みました。

 

ですが、予想以上に掘りごたつのスペースは狭く、キツキツでした。「大丈夫?」女の子が心配そうに覗き込みました。

 

本当は体を伸ばした状態でゆっくり、くつろぎたかったのですが、部屋の狭さがそれを許してくれませんでした。

 

仕方なく足を折り曲げて掘りごたつの中に入る決心をしました。

 

なんとか気合で体を押し込み、無理な体勢のまま顔をなんとか上に向ける事ができました。

掘りごたつでの足フェチプレイは、11万件以上も作品があるDUGAでもさすがに見つかりませんでした。撮影が難しいのかもしれません。もっとも近いタイプのサンプル動画を掲載しておきます。

 

女の子はすでに料理を食べ始めていたようです。準備が完了したことを伝えると、女の子は遠慮せずにつま先部分を顔に近づけてきました。

 

掘りごたつではほとんど身動きが出来ない状態で、足が近づいてくる状況は足のニオイフェチの男性なら、たまらないかもしれません。

 

足のニオイはかなり強めで、苦しい体勢のなかでも堪能することはできました。

 

いつ店員が部屋に入ってくるか冷や冷やでした。カラオケボックスでお店の人に見られたら、「足のマッサージをしています」と答える予定なのですが、掘りごたつでは言い訳が思いつかなかったからです。

 

そのようなスリルを味わいながらのプレイはなかなかありません。

 

女の子も、自分の頭の分、足が持ち上がる状態だったので、床の部分まで足をつけるよりも、座り心地というか、踏み心地というかが悪かったようです。

 

それでも、居酒屋で料理を食べることが出来て満足そうでした。結局、掘りごたつでのプレイはそれから行ったことはありません。

 

足のニオイに絞ったプレイは、場所に制約されません。もちろん人目に付くところはNGですが、たまには違ったシチュエーションでプレイを楽しむのも良いでしょう。

 

ただし、掘りごたつでのプレイは、部屋の広さを考えておかないと、結構大変だと感じました。

 

飲み会の幹事の方は居酒屋の下見を行うこともあるでしょう。

 

実際に出会えたPCMAXをはじめとする有名マッチングサイトでパートナーを探して、掘りごたつでの足フェチプレイを考えている方も、実際にどのようになっているのか、行く予定のお店で確認しておくと安心です。

成功の影には失敗も

掘りごたつでの足フェチプレイ体験があったか裏では、危ない経験もしました。

 

快楽とリスクが紙一重と感じた出来事は今ではなつかしく振り返ることができます。

 

出会いの手段で多くの人が利用しているのがマッチングサイト。登録者数は2000万人に迫るサイトがあるので、すべてのマッチングサイトの登録者数を合計すると、おそらく日本の全人口を越えるはずです。

 

それ程多くの人がマッチングサイトを利用している一方、危険な思いをした人の声もチラホラ聞こえてくることがあります。

 

自分自身も何度か危険な目にあいかけ、ギリギリのところでトラブルに巻き込まれなかった経験があります。

夜遅く川の近くの公園での待ち合わせ

まだ警戒心が弱かった頃、テレクラでアポを取った女の子と足フェチプレイをするために待ち合わせしたことがあります。

  • 待ち合わせ場所:川岸近くにある公園
  • 時間:夜の10時ごろ

今ならこのような条件なら、間違いなく却下ですが、その時はアポが取れたことで舞い上がっていました。

 

待ち合わせ場所の公園は川の土手を下ったところにあり、近くにはラブホテルがあったので、待ち合わせ後にホテルに行くと考えていました。

 

当時はとても寒い季節で、北風もビュービュー吹いていました。早めに着いたので、しばらくホテルの玄関あたりで待ち合わせ時間になるのを待っていました。

 

そろそろ公園に向かおうと思ったその時に、ガッチリした体格の男が近づいてきて、「お前●●だろ」とたずねて来ました。

 

危険を感じとっさに別の名前を伝えても、引き下がらず連れて行かれそうになりました。

 

ホテルと川を挟んだところに道路があったのですが、そこで必死に抵抗しているうちに、携帯を取られてしまいました。

 

それでも自分を持ち上げるのは大変だったようで、途中何台か車も通りかかり、結局土手の向こうに連れて行かれないで済みました。

 

その間に「お金を貸してくれ」といわれましたが問答無用に拒否。取られたものは携帯電話だけで済みましたが、もみ合いの際に首を殴られて痛かったです。

 

その後交番に届け出ましたが、その後どうなったかはわかりません。

好条件が重なったので助かった

もし、あのまま公園に直行していたら、今頃どうなっていたかは良くわかりません。

  • 時間前に着いた
  • 寒かったのでホテルの玄関付近に居た
  • 名前を正直に伝えなかった
  • 車が通りかかってくれた
  • ホテルから公園までは少し距離があった

などの条件が重なってくれたおかげで、トラブルに遭遇しなくて済みました。

携帯がどうなったのかはわからない

携帯を持っていかれてしまったのが気がかりでした、携帯には自宅の電話番号も登録してあったからです。

 

電話番号から自宅がわかってしまわないのか心配でしたが、その後なにもなかったのは不幸中の幸いです。

待ち合わせは安全な場所で明るい時間帯が◎

その後テレクラではなく、マッチングサイトを利用するようになりました。

 

もちろんマッチングサイトを利用する際は、危険な橋を渡らなくなりました。待ち合わせには明るい時間帯で、ターミナル駅を中心にしたことは言うまでもありません。
最近のマッチングサイトは、ワクワクメールのようにセルフィー認証など本人確認が行えるなど、安全性はかなり向上しているようです。

さらにリスクを減らすなら交際クラブがベスト

大手のマッチングサイトでも安心ですが、さらに安全性を高めるなら、交際クラブで待ち合わせる方法もあります。

 

セッティングのたびに費用がかかる他、入会金や年会費がかかる所が多いです。

 

それでも多くの交際クラブが利用され続けているのは、費用を上回るメリットがあるからと言えます。

交際クラブは男性が有料で女性が無料なので、男女比率も男性にとっては嬉しい限り。

 

料金に関しては保険と同じで安心料と考えれば納得できるはず。

 

安心して普段出会えないような美しい女性に会いたいなら、交際クラブをチェックしてみてください。

人と会うのが苦手なら使用済み下着専門店

リスクを避けながら匂いを楽しみたい、しかもお金は出来るだけかけたくないなら、使用済み下着で、ストッキングやソックスを手に入れる方法も有望です。

 

使用済み下着通販-アンジェリークでは、履き古されたパンプスやスニーカーからストッキングまで使用済み脚モノのコーナーで購入できます。

 

残念ながら女の子の顔は、ハッキリとはわかりませんが、雰囲気だけでも味わえます。

 

実際に女の子と会わないで、匂いだけを楽しみたいなら、使用済み下着専門店も狙い目です。

嬉しさとリスクは表裏一体

リスクに怯えていては、せっかくの出会いも遠ざかってしまいます。しかもリスク以上に得るものが多いのも人との出会いです。

 

小さなリスクにビクビクしているよりも、明るい未来を夢見て、積極的に出会いのチャンスを手に入れましょう。

page top